今回も、新月の日に発表できるのを大変嬉しく思います。 

こちらは蒼月紫野オリジナルのものです。また、特定の思想および宗教団体とは関係ありません。

今回お知らせさせていただくのは、日本神話の月神、月読命の第二段階の技法です。 

第一段階は、癒しをメインにした技法でしたが、今回は第二段階、心と天然石のケアをメインとした技法になります。

第三段階は、できしだい公開させていただきます。全体がまとまりしましたら、完全版を公開させていただく予定です。

月読命のご紹介

月読命(月讀命、月弓尊、月夜見尊、月讀尊とも表記されることがある)とは、天照大神を姉とし、素戔嗚尊を弟とする日本の三貴子の一柱であり、日本神話では月神、夜の領域を支配する男神です。古事記では夜之食國(ヨルノオスクニ)を支配する神となっていますが、日本書紀では青海原の潮流を治める神となっています。

今回ご紹介する方法も、どなたにでもできます。 

・月の安らぎ 
・月の光 

この二種類をご紹介しております。

ご希望の方はご連絡いただければ、マニュアルをお送りさせていただきます。
月読命との繋がりを深める技法などは第三段階にてお知らせする予定です。


ただ、月読命のエネルギーをより身近に感じたい方は、伝授(アチューンメント)も可能です。
月読命のエネルギーの伝授をご希望される方は、続きをお読み下さい。

続きを読む